棟札って知ってる? 小山町 2022.11.15

おはようございまーす(o^―^o)ニ

紅葉が鮮やかになって来ましたね

これは長野県善光寺の紅葉です

めちゃくちゃ綺麗でした(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

これは地元の豊門公園の紅葉🍁です

山も色付いて来て綺麗ですね(^▽^)/

 

本日は公民館の解体ですが解体途中で面白い物を見つけました

最後まで見て下さいね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

内部の解体が終わったので建屋を解体していきます

 

 

 

玄関から壊していきます

 

 

 

 

解体もただ壊すのではなく順番があるんだそうです

どんどん壊せばいいと思っていましたwww

 

 

 

だんだん壊れてきました

 

 

 

 

普通解体時は埃がたって近隣に迷惑がかかるのでホースで水を掛けながら解体していきますがこの日は

雨が降っていたのでラッキーでしたwww

 

 

 

あと少しで終了だった時

面白い物を発見しましたよ

 

 

これです!!!

皆さん何か分かりますか?

これは棟札といいます

棟札とは・・・

建物の棟上げ(建前)時に建造の年月日・お施主様の氏名・寄付を頂いた方のお名前・施工業者・設計者の氏名などを記し後世に伝える為天井の棟木などに打ち付けられた板の札の事です

昔は新築の際何処の家でも行っていましたが住宅メーカーさんなどは省略するところが多いいそうです

しかし古来から続く由々しき伝統です ずっと後世に残して行きたいと考えます

勿論新築にあたり新しい棟札作成しました

これも棟上げの時に棟木にセットします

皆さんも機会があったら天井見て下さい

あると思いますよ棟札😊

 

お仕事のご依頼は・・・

0550-76-0133

 

カテゴリー:TOPICS, 施工事例(建築)